01.24.資格試験の感染対策についてインタビュー【げろだるまさん(仮名)】

日記

こんばんは。月刊げろだるま編集長のげろだるまです。

本日取り上げるのテーマは『資格試験の感染対策について』。本日FP試験に足を運んだというげろだるまさん【(仮名)/ニート予備軍/年齢不詳】にお話を聞きました。

※個人情報保護のため、音声を変えています。

記者(以下ぷりんちゃん):今日はよろしくお願いします。早速ですが、げろだるまさんは今日FP試験を受けたんですよね?何故この緊急事態宣言下で受けようと思ったんですか?

げろだるまさん(以下げろぴっぴ):会社で推奨されていた資格なので受けました。といっても強制ではなかったので、受けなくても良いかなぁとは思ったのですが…受けなくても返金はされないんですよね。俺は金欠気味なので、返金されないなら行くかって感じでしたね。

ぷりんちゃん:そもそもFPって何の試験なんですか?フランスパン…?

げろぴっぴ:ファイナンシャルプランナーですよ(人を小馬鹿にしたような笑い)。金融系の資格です。(偉そうな態度で)

ぷりんちゃん:なるほど。受験料が返金されないとなると、もったいないので受けますよね。次回に振替もできないんですか?

げろぴっぴ:できませんでした。でもまあそこは別に仕方がないかなと思いました。仕事で必要な人もいるだろうし、中止にできないんだろうなと。中止なら全額返金でしょうけど、開催するなら返金はしないという判断もわからなくはないです。そこは置いといてね、俺が怒っているのは当日のコロナ対策についてなんですよ。

ぷりんちゃん:コロナ対策がされてなかったんですか?

げろぴっぴ:はい。会場はものすごく密でした。まず会場が開くのを待ってる人でありえないほどギュウギュウ。検温はありませんでした。座席間もあまり空いてなくてひさしぶりに密集した空間でした。

ぷりんちゃん:では、受験した後すぐに帰ったんですか?

げろぴっぴ:帰りたかったんですが、FP試験は学科と実技があり、午前と午後に分かれているのでお昼を挟む必要があったんです。外に出ても何もなさそうだったので俺は会場で食べましたが、それもなんだか怖かったですね。さすがにお昼はそこまで密ではなかったですが。

ぷりんちゃん:そうなんですね。厚生労働省のアプリはインストールしていましたか?もし近くに陽性者が出たら通知がいくと思いますが。

げろぴっぴ:はい、インストールはして行きましたが、試験中は電源を切るように指示があったので、電源を切っていました。厚労省のアプリcocoaは確かBluetoothで接触を記録するので…電源を切ってたら意味ないですよね。

ぷりんちゃん:確かに。資格試験においてその部分は課題ですね。電源オンでOKとすると不正行為の心配もありますからね。

げろぴっぴ:はい。まあそんなこともあり、全く試験に集中できず、本来の力を出せませんでした。落ちていたら自分のせいではなく、この感染対策のせいだと自信を持って言えますね。

ぷりんちゃん:それは関係ないのでは?ご自身の勉強不足なのでは?

げろぴっぴ:キェーッッッ!(激昂し暴れ出す)

ぷりんちゃん:コロナ禍でメンタルが不安定な方もいらっしゃるようです。皆様気をつけましょう。

※写真は試験とは関連のないスパゲッティ

コメント

タイトルとURLをコピーしました