10.01.きょうから10月

日記

きょうは10月1日です。

おとなはすぐに「もう10月か!ことしもおわりだね!」と言います。

ふしぎです。「まだ3か月もあるし、ぜんぜんおわりじゃないんだけど!」とぼくは思います。

きょうが12月1日ならまだわかります。

「それでもまだ1か月もあるのに!」とぼくは思います。

それなのに、おとなはまだ3か月もあるのに、「もうことしもおわりだね!」と言います。

ほかのおとなも「ほんとにねぇ。あっというまだわ!」と言います。

でもここで「おくさん、まだ3か月もありますわよ。」と言ってはいけないのです。

そんなことを言うと、おとなはわらいながら「おとなになると1日1日があっというまなのよ〜じかんのながれがね、はやくなるのよ!」とえらそうに言ってきます。

「それはおとなになったせいだからなのか?あなただけではないのか?」とぼくは聞きたくなります。

でもそれを言っても「あなたはこどもだからわからいのよ。」とぼくにはどうしようもできないりゆうでわらわれます。

だからぼくも「あなたが1日1日をたいせつにすごしてないからではないですか?スマートフォンに1日のはんぶんをすいとられているからではないですか?ほんとうは1日1日はまったくちがう色なのに、同じようなまいにちだときめつけてるからではないですか?」と言いたくなります。

だけど、それは言いません。きっとぼくもおとなになったらまいとし2月がおわるころには、「もうことしもおわりやなぁ!このまえまでお母さんのヨウスイにひたってたのにぃ!」と言ってビールをのまほしているだろうなぁと思うからです。

だから、ぼくは「もう10月ですね。ことしもおわりですね。」と言われたら、「そうですね。ことしはとくに、ほんとうにあっという間ですね。」と言います。これがおとなになるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました