04.01.しんねんど(ビッグため息)

日記

きょうは、2021年4月1日です。(キムタク風)

ぼくは、●●年生になりました。インターネット上にせいかくな年れいはかかないほうがいいそうなので、ふせました。これをネットリテラシーというそうです。

あさのでんしゃは、人がいっぱいでした!「ふだんテレワークをしている人も、今日はしゅっきんなのねぇ。」「リクルートスーツ…わかいわねぇ。」「このまえ年こししたのにもう4月よ!あっというまねぇ。」という声がきこえてきました。

ぼくは子どものころ、お母さんときんじょのひとが「やっとあたたかくなってきましたねぇ〜」「ほんとにねぇ。もう4月よ〜!はやくコロモガエおわらせないとですね〜。」「ほんとうに1年あっという間ですね〜それでは〜」「どうも〜」というショート会話をしているのがすきではありませんでした。

そんなどうでもいいはなしをするなら、だまってればいいのに!といつも思ったものです。お母さんに「なんでいっつもてんきのはなしするの?」ときくと、「ボウズ、これはなぁ、大人のあいさつなんやでぇ〜ボウズも大人になったらわかるよってに〜」といわれたものです。

さいきん、名前もしらないような人から天気のはなし、時のながれがはやいはなし、こういったショート会話、つまり「大人のあいさつ」をされるようになりました。

「今日はあったかいわねぇ。春ってかんじね?」「こんなにはれてるのに、今日夕方から雨ふるらしいわね」などと言われるたび、「やっとぼくも大人になったんだなぁ!」としみじみした気分になります。

だからぼくは今日もはれやかなきもちで「うるさいうるさいうるさい!ぼくは、ぼくは、知らない人とてんきのはなしになんかしたくないんだ!」といってダッシュでにげます。

ということで、こんねんどもひとりでケーキをたべます。しんねんどのあいことばはビッグため息。ぼくはしあわせです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました