05.04.姫、魔界へお帰りになる

日記

今日は漆黒の堕天使界にとって、重大な日。

人間界に来てから、数ヶ月間苦楽を共にした姫が遂に魔界へお帰りになるのだ…。

姫はダークネスゲロダルマより1600歳(人間界で言うところの8歳)年下なのだが、年下とは思えない大人びたマインドでこの数ヶ月間さまざまなことで助けていただいた恩人であるのだ!

ただただ姫について行きたいという一心で、魔界への扉が開かれし場所-人間界では空港と呼ぶーへ。

ブダペストの街中からリスト・フェレンツ国際空港まではタクシーで30分程度。ダークネスゲロダルマの魔界の実家からはどの空港であっても3時間はかかるというのにだね…。

空港でアイルランドという人間界出身の姫と合流し、2人で姫をお見送り…姫!元気に魔界に帰るんだよ!

帰りはアイルランド姫とバスでちんたら帰る。アイルランド姫ともこの数ヶ月間ずっと過ごしていたが、相変わらず人間界の言葉は一向に聞き取れない…。

空港からDeák(デアーク)という都心の駅まで乗り換えなし、大体350円くらいで帰れる。人間界、なんと安いのか。ダークネスゲロダルマの魔界の実家なんてほんの少し電車に乗るだけでJRという謎の組織に1000円以上取られるのだが…。

デアークではアイルランド姫と共に、ダークネスゲロダルマのお気に入りのお店、Gerbeaud(ジェルボー)へ。

カフェ ジェルボー (ブダペスト) の口コミ9,194件 - トリップアドバイザー
カフェ ジェルボー(ブダペスト)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!カフェ ジェルボーはブダペストで424位(3,776件中)、4点の評価を受けています。

人間の生き血…ではなく、ハンガリー料理のグヤーシュスープをいただく。

パンも付いてるのがありがたい。

このジェルボーというお店、ダークネスゲロダルマが学生の頃に魔界で数回行った思い出のお店である。残念ながら、魔界店(東京)はもう閉店してしまったのだが…。

2人の姫のおかげで楽しい1日を過ごしたダークネスゲロダルマであった…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました